本文へスキップ

〜RECORD 2015〜

新人歓迎合宿

期間:平成27年(2015)4月30日(木)〜5月2日(土)
場所:上越 巻機山
参加メンバー:小野寺(CL)岩附(4)大山(3)井上(2)関根(2)中村(2)
       小島(1)志村(1)橋本(1)三宅(1)
参加OB・OG:宮崎 辻田 豊島 村田 長久保 吉田  小和田 安済 福留 高野
        西出 渡邊 

4月30日 快晴 
4月30日 入山 清水バス停からスタートはじめてのテント生活と食当5月2日 六合目付近にて雪上歩行訓練滑落停止訓練前巻機への登り 景色が良くなる巻機山頂上5月2日 六合目へ向かう昨日の復習をしながら雪上訓練を行う。レーションを食べて休憩
清水バス停(13:40)〜巻機山麓キャンプ場(13:55)
 前日は部員の家に泊まり、早朝に経堂を出発して電車とバスを乗り継いで清水バス停まで行く。日差しが非常に強く気温が高いなか、清水バス停を出発する。九十九折りの舗装路を10分程歩き、作業小屋近くから林道に入りキャンプ場に行く。そこから5分程で巻機山麓キャンプ場に到着する。キャンプ場の雪の量は去年よりやや多かった。スコップとピッケルで整地をして、BCを設営する。
文責:井上
5月1日 快晴 7℃
BC(7:15)〜六合目付近(8:15)〜前巻機山(12:00) 〜巻機山山頂手前(12:50)〜BC(14:20)
 穏やかな晴天の下元気よくBCを出発する。大山は朝から38℃の熱があったためこの日はテントキーパーとする。桜坂駐車場までは林道を行くが、林道は例年よりも雪に埋まっている。林道を少し行くと井戸尾根に差し掛かる。夏道は雪が解けており、ぬかるんでいるため滑らないように注意しながら進む。井戸の壁の急登ではキックステップをしながら慎重に登る。

 井戸の壁を抜けて五合目にて少し休憩し、そこから六合目まで全力で登る。ここからは急登はなくスムーズに進む。六合目に着いた後、雪上歩行訓練を開始する。上級生の指導の下、雪面での歩き方を一通り確認する。フォームを意識して何度も訓練する。その後雨具を着て滑落停止訓練を始める。1年生はピッケルが体から離れたり、足が着いたりと最初は苦戦していたが、最後にはしっかり決めることができた。

 それから前巻機山まで声を掛け合いながら全力で登る。樹林帯を抜け、雪原が広がると、皆前を行く者に追いつこうと必死に登る。前巻機山までの最後の急登は、夏道が出ていたため快調に登っていける。緩い傾斜の稜上を少し歩いて前巻機山にて休憩を取る。前巻機山からくっきりと巻機山の山頂が見えた。休憩後、山頂手前の避難小屋まで一気に駆け下り、コルから最後の登りを競争しながら全力で進む。山頂に立つと無風快晴であり、天候も1年生を歓迎しているように思えた。

 山頂にて記念写真を撮り、OBの方から差し入れを頂く。その後来た道を全力で駆け下る。足が雪に取られてスリップすることもあったが皆全力で走った。井戸の壁は上級生が下に着いて慎重に下りBCに帰幕した。15時頃に村田OB、宮崎OBが入山される。夜はバーベキューをして談笑しながら1年生の入部を祝った。また20時頃に福留OBが入山された。
文責:中村
5月2日 晴 7℃
BC(7:20)〜井戸の壁(8:20)〜六合目付近(8:50) 〜BC(10:45)
昨日と変わらず朝からよく晴れている。六合目付近まで昨日と同じように進み、昨日の復習を兼ねて雪上歩行訓練と滑落停止訓練をする。二日目という事もあり1年生も慣れた様子でしっかり訓練していた。訓練終了後BCまで駆け下る。井戸の壁の急坂は危険なため慎重に下り、そこから再び全力で駆け下った。全員が帰幕した後、整理体操を行い、新人歓迎合宿を終える。
文責:関根





contents

東京農業大学農友会山岳部

〒156-0054
東京都世田谷区桜丘1-1-1 
常盤松会館本館3F

TEL 03-3429-8026
Mail:nav1560054@ybb.ne.jp