本文へスキップ

〜RECORD 2016〜

岩登り合宿

期間:平成28年(2016)5月20日(金)〜5月22日(日)
場所:御坂 三ツ峠 
参加メンバー:井上(CL)小島(2)岩見(1)
参加OB・OG:小和田 岩附 小野寺 関根 

5月20日 晴 
5/20 入山 三つ峠駅から屏風岩を目指す。懸垂下降をする一年生一般ルート中央を初リードする2年小島と小野寺OB5/21 一般ルート右左中央を登る。地蔵ルートを登る3年井上。天狗の踊り場にて記念撮影5/22 一般ルートを登り込んだのち、下山に移る。
三つ峠駅(8:00)〜達磨石(9:15)〜馬返し(10:30) 〜屏風岩付近(BC)(11:55)〜屏風岩(12:30)〜BC(17:20)
三つ峠駅で小野寺OBと合流し準備体操をして駅を出発する。達磨石で休憩を取り、舗装路から登山道に入る。股のぞきの少し手前で関根OBと合流する。1年生は辛そうでペースが落ちるが、靴擦れ等はなくBC予定地の屏風岩の少し手前まで順調に進む。 

 BC設営後、屏風岩の一般ルートの下に移動し、登攀を開始する。一般ルート右と中央にトップロープを張り一般ルートをひたすら登り込む。2年の小島は今合宿が初めてのリードとなるので中間支点を取る練習をしながら登る。最後にカムデバイスとナッツのセット、回収の仕方を確認し、BCに帰幕する。
文責:井上
5月21日 晴 11℃
BC(6:50)〜屏風岩(6:55)〜BC(11:30)         〜屏風岩(13:20)〜BC(17:30)
 朝から天気が良く、絶好のクライミング日和である。BCにて体操をした後、屏風岩に向かう。すでに何パーティか取り付いており、一般ルート右、中央、左を井上=岩見=小野寺OBパーティ、小島=関根OB=岩附OBパーティで一般ルートを登り込む。昼頃にはリード、一年生ともに安定して登れるようになってきた。岩見と小島は食当のため、先にBCに戻り、焼きそばを作る。井上、岩附OB、関根OBは地蔵左ルート、草溝ルートを登った後、BCに帰幕した。

 午後からは元のパーティで頂上を目指す。井上パーティは一般ルート右からサンドイッチ、小島パーティは一般ルート左からNo.10.5クラックの支点より十字クラックの方へトラバースして第二バンドに着く。天狗の踊り場まではU〜V級の岩場を登る。記念撮影をしたのち第二バンド、第一バンドから一般ルート経由で懸垂下降で下る。全員が下りてきてから、登攀具、ザイルをまとめ、BCに帰幕する。BCに帰幕すると小和田OBが出迎えてくださった。
文責:小島
5月22日 晴 10℃
BC(6:45)〜屏風岩(6:50)〜BC(12:40)〜達磨石(14:15)〜三ツ峠グリーンセンター(15:15)
 今日も朝から天気が良く日差しが強い。日曜日であったため、沢山のクライマーで屏風岩は賑わっていた。井上=岩見=小和田OBパーティは登攀の確認も兼ねて一般ルートを登り込む。小島=小野寺パーティは一般ルート左を登った後、草溝ルートを登る。草溝ルートの終了点から第二バンドをトラバースし、サンドイッチを登り、第二バンドから草溝ルートに向けて懸垂下降で下る。

 その後全員が集まり、肩絡み懸垂の講習会一般ルート中央にて行う。岩見は痛みに耐えながら降りていた。何度か練習してから、巨人ルートの下に移動してFix通過の講習を行う。上級生はセカンドリリースの仕組みも学んだ。そして、BCに戻り、テントを撤収し、下山に移る。八十八大師を過ぎてから一気に達磨石まで駆け下る。全員が揃ってから三つ峠グリーンセンターまでアスファルトの道を駆け下り、合宿を終了した。
文責:小島





contents

東京農業大学農友会山岳部

〒156-0054
東京都世田谷区桜丘1-1-1 
常盤松会館本館3F

TEL 03-3429-8026
Mail:nav1560054@ybb.ne.jp


  Facebookを始めました。
  こちらからアクセス!!
  https://www.facebook.com/nodai.aipine