本文へスキップ

〜RECORD 2015〜

岩登り合宿

期間:平成27年(2015)5月16日(土)〜5月18日(月)
場所:御坂 三ツ峠 
参加メンバー:小野寺(CL)岩附(4)大山(3)井上(2)関根(2)中村(2)
       小島(1)志村(1)橋本(1)
参加OB・OG:村田 小和田 安済 西出  

5月16日 曇 
5月16日 入山 達磨石まで舗装路を行く達磨石で休憩道が急になり足がつる者も一般ルート、リーダーピッチを登り込む5月17日 一般ルート左をリードする関根安済OBと昼食の焼うどんを作る天狗の踊り場に到着天狗の踊り場から懸垂で下りる途中に3人で5月18日 草溝ルートをリードする中村グリーンセンターまで駆け下る
三つ峠駅(7:10)〜達磨石(8:10)〜馬返し(9:40) 〜屏風岩付近(BC)(11:10)〜屏風岩(12:10)〜BC(17:00)
 曇っていて雨が降りそうなため雨具を着て三つ峠駅を出発する。達磨石までは緩やかなアスファルトの舗装路を進んでいく。達磨石に着く少し前に雨がぱらつくがすぐに止む。ここから先は登山道となり、1年生のペースにもばらつきが出始めるが、懸命に付いてくる。馬返しの辺りで空が明るくなってきたため、雨具を脱ぎ、屏風岩付近まで一気に登る。屏風岩付近にBC設営後すぐに屏風岩で登攀を開始する。一般ルート左と中央にトップロープを張り、2年生のリードとトップロープで、一般ルートとリーダーピッチを登り込む。初めてのリードで緊張するが、安定して登ることができた。1年生は支点構築やビレイの仕方をしっかりと確認しながら登攀した。最初は時間が掛かっていたが、足の置き方を覚えていくうちに次第にスムーズに登れるようになっていた。一通り登った後、カムディバイス、ナッツの使い方の講習をしてBCに帰幕した。この日の13時頃に小和田OB、安済監督、西出OBが入山された。
文責:井上
5月17日 晴 9℃
BC(6:00)〜屏風岩(6:10)〜BC(12:00) 〜天狗の踊り場(16:30)〜BC(18:00)
 明け方に小和田OBが下山される。朝から天気が良く登攀日和である。屏風岩に到着すると、早朝にも関わらず2、3パーティ取り付いている。午前中は4パーティに分かれて一般ルートとリーダーピッチにトップロープを張り登り込む。2時間程登り込んだところで、2、3年生はリーダーピッチ、地蔵ルート左、草溝ルートのリードをする。10時頃に村田OBが入山された。昼食は一旦BCに戻り、焼うどんを食べる。昼食後に安済監督が下山される。午後からは岩附=志村=村田OBパーティ、大山=橋本=西出OBパーティ、中村=小島=小野寺パーティ、井上=関根パーティに分かれて頂上を目指す。岩附=志村=村田OBパーティは一般ルート右からサンドイッチ、大山=橋本=西出OBパーティはリーダーピッチからサンドイッチ、中村=小島=小野寺パーティは一般ルート左からNo.10.5クラック、井上=関根パーティは地蔵ルート左から第一クラックを登攀する。その後U〜V級の岩場を登り天狗の踊り場へ向かう。井上=関根パーティは関根が第一クラックのリードでグランドフォールし、腰を痛めたため懸垂下降しBCで待機する。残りの3パーティは無事に天狗の踊り場まで到着して記念写真を撮り、BCへ帰幕する。17時に井上が実習のため早下山した。
文責:関根
5月18日 曇 9℃
BC(7:00)〜屏風岩(7:20)〜BC(13:40)〜達磨石(15:05) 〜三ツ峠グリーンセンター(15:30)
 今日も元気よく体操した後、屏風岩に向かう。屏風岩は平日ということもあってか、非常に空いていた。各パーティに分かれて一般ルート左、中央、リーダーピッチに取り付く。昨日までの登攀を復習しながらしっかりと登り、上級生、1年生共に落ちずに登ることができた。その後上級生は草溝ルート、観音ルートなどでリードの練習をする。一通り登り込んだ後、リーダーピッチにて肩がらみ懸垂の講習会をする。1年生は痛みに耐えながら懸垂下降していた。全員が懸垂下降を終えた後、ハーケンの打ち方、ジャンピングを使用したリングボルトの打ち方を上級生から教わる。ハンマーで何度か叩かれたリングボルトは岩にガッチリはまっていた。講習終了後、すぐにBCを撤収する。急いで荷物をザックに詰め込み、三ツ峠グリーンセンターまで全力で駆け下る。途中で転倒したり、重荷で足が前に進まないこともあったが、皆最後の力を振り絞って走り切った。三ツ峠グリーンセンター前で整理体操をして岩登り合宿を終える。
文責:中村





contents

東京農業大学農友会山岳部

〒156-0054
東京都世田谷区桜丘1-1-1 
常盤松会館本館3F

TEL 03-3429-8026
Mail:nav1560054@ybb.ne.jp