本文へスキップ

〜RECORD 2019〜

新入生歓迎合宿 巻機山

期 間:平成31年4月29日(月)〜令和元年5月2日(水)

場 所:上越 巻機山

参加者:

L 3年 小菅悠人

    2年 河野宝 鎌田諒 鈴木真太朗 齊藤孝太郎 丸山瑞貴

1年 石井壱征 名取智陽 橋本哲

    OB 村田岳 長久保浩司 小和田和貞 岩附正樹 井上峻太郎

 

4月29日() 曇

離京 六日町(12:40)〜清水バス停(13:25)
〜巻機山麓キャンプ場(BC)(13:45)

 早朝、部室に集合し食糧のパッキングを済ませてから出発、電車で六日町駅へ向かう。六日町駅到着後、バスで清水停留所まで移動して新人歓迎合宿を開始する。体操を済ませてアスファルトの舗装路を15分ほど歩き、駐車場の左側から林道を抜けていくと巻機山麓キャンプ場に到着する。去年に比べて雪が多い。整地を行い、ここにBCを設営して今日の行動を終了した。

4月30日() 雨 11℃

BC(6:15)〜1300m(7:50)〜1510m(10:45)
〜1300m(11:00)〜BC(12:20)

 前日の夜から小雨であった。朝食を済ませ、雨具上下及びスパッツ、オーバー手袋を装着し出発した。キャンプ場から少し歩いたところにある橋を渡り、登山道に取り付く。石碑を目印に井戸尾根コースに合流する。残雪が多く、テープを目印に進む。新入生はとても元気が良く、井戸の壁を ものともせずに1350mの台地までたどり着いた。ここで休憩を挟んでから雪上歩行訓練と滑落停止訓練を行う。今年は上級生が多いためマンツーマンで丁寧に教えることが出来た。滑落停止訓練中に岩附OBと合流する。訓練終了後、頂上を目指すが強風のため1550mで引き返す。少し下の斜面で強風を利用し耐風姿勢訓練を行う。その後、雪上訓練を行った1300m地点まで駆け下り小休止を挟み、再び駆け下って帰幕した。夕食中に小和田OBが激励に来て下さった。

5月1日() 晴 8℃

BC(6:15)〜1120m(7:20)〜1300m(7:50)〜ニセ巻機(10:35)〜巻機山(11:10)〜BC(13:00)

 雨は止んでいたが雲行きが怪しい。朝食中に井上峻太郎OBが入山される。小和田OBに見送られ前日と同じ服装で出発した。1120m地点で休憩を挟み、1300mの雪上訓練場に向かう。ここで雪上訓練を行い、雪上歩行と滑落停止の型を新入生に定着させる。訓練終了後、頂上を目指して登っていく。上部も残雪が多く、キックステップで雪を捉えながら進む。ニセ巻機で一旦休憩をとるが、ここで新入生の名取が疲れを訴え登頂を断念する。岩附OBが名取を連れて一足先に下山し、残りの者は頂上へ向かった。登頂時は雨が降っていたが、新入生の達成感に満ちた表情は晴れ晴れとしたものであった。速やかに記念撮影を済ませて下山を開始する。途中で尾根沿いに下ってしまい、雪上訓練を行った1300m地点での小休止に合流できないものもいたが、最終的には全員が無事帰幕した。整理体操を済ませ、すぐに新人歓迎コンパの準備に取り掛かる。雨が強かったが、ブルーシートをタープ代わりにしてバーベキューを行うことが出来た。コンパには参加コーチに加え村田OBと長久保OBが参加してくださった。美味しい食材に皆舌鼓を打ち、1年生は大満足の様子であった。






contents

東京農業大学農友会山岳部

〒156-0054
東京都世田谷区桜丘1-1-1 
常盤松会館本館3F

TEL 03-3429-8026
Mail:nav1560054@ybb.ne.jp